句集「季語日誌 Vol.3」365句

【2021/4/18~2022/4/17】

…季語を一日一つ(原則)ピックアップ。



〈2021〉

04/18  #001 完璧なる春過ごしたるこの身体

04/19  #002 草若葉心の奥にたぎるもの

04/20  #003 行く春のいつもの道にハルジオン

04/21  #004 永き日や一生なのか永遠か

04/22  #005 大判の歳時記を買う四月かな

04/23  #006 街の中無数に光る躑躅なり

04/24  #007 春の園緊急事態へ前日祭

04/25  #008 春深し積極的にフォローして

04/26  #009 春よ行く今年の空は綺麗かな

04/27  #010 四十雀朝から同じ世界線

04/28  #011 春の果ぺらいちの道悟りけり

04/29  #012 第四波黄金週間飲み込みぬ

04/30  #013 四月尽取り込みながら捨てながら


05/01  #014 五月来る今日もあなたを愛してる

05/02  #015 鉄線の二人を包むオベリスク

05/03  #016 新聞をじっくり憲法記念日や

05/04  #017 ラジオではゴールデンウィークスペシャル

05/05  #018 昼顔の抑えきれない才能よ

05/06  #019 道端にあやめあやめの存在感

05/07  #020 若葉雨この世の友を包みたし

05/08  #021 前日に母の日済ます安心よ

05/09  #022 四十雀我が家の周り抑えけり

05/10  #023 ラジオから初夏の楽曲シャザム増え

05/11  #024 五月から音楽サブスク開始せり

05/12  #025 初夏の女子高生の恋バナよ

05/13  #026 若葉雨時間の使い方学ぶ

05/14  #027 新緑やあなたと車で出かけたし

05/15  #028 初冷房文語文法勉強中

05/16  #029 勉強中ひとり寄り添う扇風機

05/17  #030 若葉風丹田のみが動かざる

05/18  #031 毎年の五月十八楽しみや

05/19  #032 若葉雨多少は浴びて帰るなり

05/20  #033 迎え梅雨片付けの神舞い降りぬ

05/21  #034 金糸梅揃いも揃って黄色なり

05/22  #035 立葵いつもの場所に現れし

05/23  #036 扇風機と一緒にサーキュレーター

05/24  #037 立葵そこの隙間に足るを知る

05/25  #038 万緑の中で台本覚えたり

05/26  #039 初夏の夜や五七五の駆け巡る

05/27  #040 慈悲の芽よ大きく育て走り梅雨

05/28  #041 「島人ぬ宝」流るる若葉時

05/29  #042 エアコンとサーキュレーター扇風機

05/30  #043 夏の夕僕らはもっと休んでいい

05/31  #044 一夜明け新緑浴ぶる幸せよ


06/01  #045 いつの空思い出したる夏の空

06/02  #046 夏草のはみ出し方に教えらる

06/03  #047 守宮ではいいねの伸びぬ季語FILE

06/04  #048 赤紫陽花終わりへ向かう決意なり

06/05  #049 五月闇宿題多き宿命か

06/06  #050 時鳥私のいない自由かな

06/07  #051 紫陽花のパワーを少し頂けり

06/08  #052 茂りゆくいつもの道の愛おしき

06/09  #053 青芒これ以上なき上機嫌

06/10  #054 大枠に人生任す夏の暮

06/11  #055 夏の夕人生という旅が好き

06/12  #056 六月の地味なる作業人知れず

06/13  #057 老鶯の熟練が声競いけり

06/14  #058 青蘆や時間がすべて解決す

06/15  #059 悪茄子どくだみ共に愛らしき

06/16  #060 山法師どこかの星と交信す

06/17  #061 青あじさい冷酷までに青きなり

06/18  #062 植田から秩序と自由学びけり

06/19  #063 前日に父の日済ます余裕かな

06/20  #064 父の日や兄が実家に立ち寄りぬ

06/21  #065 白紫陽花やっとここまで抜けにけり

06/22  #066 青蘆の高身長なやつ一人

06/23  #067 凌霄花のこの世とあの世近きかな

06/24  #068 茂る茂る緑の惑星ここにあり

06/25  #069 我が儘の我が紫陽花もここに咲く

06/26  #070 五月闇あなたのことが好きなだけ

06/27  #071 梅雨の暮ライブ帰りの高揚感

06/28  #072 五月晴やはり宇宙はわたしなり

06/29  #073 除湿器と扇風機とサーキュレーター

06/30  #074 木槿咲くアンテナ増やし大宇宙


07/01  #075 日常のサラダに混ざる家トマト

07/02  #076 五月雨や水の呼吸へ誘えり

07/03  #077 七月や友との時間解禁す

07/04  #078 初巨峰声の大きくなりにけり

07/05  #079 梅雨闇のこれ以上なき青い空

07/06  #080 人生は楽しむために夏カレー

07/07  #081 五月晴ついに私は昇華され

07/08  #082 七月や家族に夢の種明かし

07/09  #083 五月雨なりふり構わぬ時もあり

07/10  #084 エアコンの内部クリーンでサウナなり

07/11  #085 送り梅雨菅原文太の映画観ぬ

07/12  #086 梅雨深し上虚下実の安心感

07/13  #087 夏の夜に爽快感ぞシュレッダー

07/14  #088 送り梅雨田坂広志の風が吹く

07/15  #089 梅雨明へ向かう地球と私なり

07/16  #090 怪我の後梅雨の後には新境地

07/17  #091 新しき朝祝いたる時鳥

07/18  #092 蝉鳴くや我が人生の愛らしき

07/19  #093 百日紅縦横無尽の身体性

07/20  #094 片時も放せぬ携帯扇風機

07/21  #095 ここまでの暑さとなれば皆気付かん

07/22  #096 神様が日本の夏を茂らせたり

07/23  #097 宿命の五輪の花火打ち上がる

07/24  #098 ハッとする白さの君は木槿なり

07/25  #099 夏の日のトイレ掃除は夕方よ

07/26  #100 冷房を一日中の罪悪感

07/27  #101 初梨やなでしこジャパン初勝利

07/28  #102 青田波言葉にならぬこともあり

07/29  #103 七月のゆったり過ぎて行く三十路

07/30  #104 七月は全てを変える序奏かな

07/31  #105 冷房と半袖短パン大の字や


08/01  #106 陰性を八月いっぴに貰い受け

08/02  #107 夏深しオリンピックの広さかな

08/03  #108 魂の喜びを知る晩夏なり

08/04  #109 俳句とは相性悪き炎暑かな

08/05  #110 空蝉に撮影終わり出会いける

08/06  #111 夏の夜や五連勤目の水うまし

08/07  #112 立秋にカメラロールをさらけ出す

08/08  #113 白百合の雨に打たれて孤高なり

08/09  #114 秋と言えば秋かもしれない少しずつ

08/10  #115 幸せは歩いて来ない秋の風

08/11  #116 八月や内転筋の魔法なる

08/12  #117 昨日巨峰今日デラウェア明日は

08/13  #118 初林檎また人生の廻りけり

08/14  #119 秋の雨呼吸の深くなりにけり

08/15  #120 三十回終戦の日を迎えたり

08/16  #121 一輪の鉄砲百合が残り居り

08/17  #122 夏野菜カレーは続くもう少し

08/18  #123 八月が坐禅のように過ぎてゆく

08/19  #124 生きるより大切なこと知る晩夏

08/20  #125 気が付けばもはや残暑を楽しめり

08/21  #126 玉簾明日に向けて会議中

08/22  #127 蜩の聲響きたる自室なり

08/23  #128 秋初め幸せ気付く絶好機

08/24  #129 蝉時雨残り少なき時間かな

08/25  #130 秋だなあ残暑の中に繰り返す

08/26  #131 大玉の西瓜と三日戦えり

08/27  #132 片蔭に信号待ちのオフィスレディ

08/28  #133 夏の果シンプルな旅終わりなし

08/29  #134 各家の壁につくつく法師蝉

08/30  #135 倉庫内蛍光灯に黒揚羽

08/31  #136 八月尽過去も未来もなかりけり


09/01  #137 芒らも万歳したる状態よ

09/02  #138 秋涼し完璧過ぐる流れ知る

09/03  #139 虫の声ケアレスミスの響きかな

09/04  #140 秋の夜のSNSやら調べ物

09/05  #141 虫鳴けりパラリンピックの閉幕す

09/06  #142 秋雨の空気を変える少しずつ

09/07  #143 残る蝉時雨の中を歩きけり

09/08  #144 秋めけり修行の価値は深さなり

09/09  #145 重九の一つの終わり示しけり

09/10  #146 三日月や近所の山へ訪れし

09/11  #147 運命の多摩川梨や我が地元

09/12  #148 秋の風映画の後の新しき

09/13  #149 心技体色なき風に吹かれけり

09/14  #150 秋の朝見えざるものと対話せり

09/15  #151 彼岸花ゼロへと戻る祝いかな

09/16  #152 いつの間に食後の秋果目当てなり

09/17  #153 台風の来たる最中に副反応

09/18  #154 秋の雨少年と行く小型犬

09/19  #155 変化とは日常にあり秋の風

09/20  #156 彼岸花いつの時代も咲きにけり

09/21  #157 秋晴の世界と私ノンフィクション

09/22  #158 秋の色心の余生始まりし

09/23  #159 あと何度あなたのいない月夜かな

09/24  #160 秋彼岸死ぬほどしたき坐禅かな

09/25  #161 秋の夜や指の先まで私なり

09/26  #162 降り月旅は己の思うまま

09/27  #163 長き夜の短きことよ寝る準備

09/28  #164 母親のお土産和栗あんぱんよ

09/29  #165 秋の夕聞こえて来たのは赤い公園

09/30  #166 青松虫お前だったかリーリーリー


10/01  #167 神様の台風よこす自然かな

10/02  #168 秋の暮無限に悩む僕らかな

10/03  #169 秋晴のまた新しき人生ぞ

10/04  #170 虫時雨皆の歌声懐かしき

10/05  #171 秋の空わたしの旅は儀式なり

10/06  #172 荻の声車の中に聞こえたり

10/07  #173 薄紅葉グラデーションの大欅

10/08  #174 いわし雲未来のごとく広がれり

10/09  #175 うろこ雲心に余裕生まれ居り

10/10  #176 天高しヒルズの上の上の上

10/11  #177 芒対背高泡立草の構図

10/12  #178 十月の最終予選ねばりけり

10/13  #179 柿の木や幸せの時迎えたり

10/14  #180 秋の暮散歩に出たらデブ狸

10/15  #181 秋の夜やあなたのブログ読む私

10/16  #182 栗おこわこの家生まれ後悔なし

10/17  #183 秋寒し心に残る暑さかな

10/18  #184 後の月時代がつくる救世主

10/19  #185 晩秋や人の心は軽きもの

10/20  #186 秋の水僕らの中に響くもの

10/21  #187 秋深し構図の中を過ごしけり

10/22  #188 秋の雨いい人でいる必要なし

10/23  #189 月光や単純シンプル君が好き

10/24  #190 秋晴やしあわせだけで食べていく

10/25  #191 行く秋よ我が人生は超短編

10/26  #192 秋も末さまざまのこと整いし

10/27  #193 長き夜や人間たちは皆役者

10/28  #194 役割は色なき風に教えらる

10/29  #195 秋うらら筋肉に識る世界なり

10/30  #196 冬近し優先順位の定まりぬ

10/31  #197 十月を越えて向かうは君のもと


11/01  #198 新しきカラダに染むる紅葉なり

11/02  #199 晩秋の晩秋ごとく流れけり

11/03  #200 行く秋よ身体は軽く意志固く

11/04  #201 怒り明け心の映る秋の空

11/05  #202 秋の果最終形態迎えたり

11/06  #203 秋の日の照らす地元の柔らかき

11/07  #204 最高の身体を持って冬立ちぬ

11/08  #205 山茶花に一日何度出会いける

11/09  #206 この冬は我が下積みの総仕上げ

11/10  #207 冬初め心に届くニューシングル

11/11  #208 神無月原点だけに頼るべし

11/12  #209 冬の暮いつもの道の静かなり

11/13  #210 短日や一歩一歩を味わえり

11/14  #211 幸せを小春日和と混ぜ合わす

11/15  #212 初冬に勇気を貰うすだなな婚

11/16  #213 細胞も断捨離進む小春なり

11/17  #214 冬浅し伝家の宝刀試しけり

11/18  #215 冬の月自分を磨く旅の中

11/19  #216 冬の朝キロロ流るる身体かな

11/20  #217 冬あさひ全ての事が腑に落ちぬ

11/21  #218 神無月詩人としての境地かな

11/22  #219 進みたる紅葉と甲州街道

11/23  #220 冬の雲どこまで合理的な人

11/24  #221 扁桃腺かすかに腫るる冬はじめ

11/25  #222 冬の星一つ一つに使命かな

11/26  #223 同僚に小春日和の説明し

11/27  #224 冬の暮旅人たちの早歩き

11/28  #225 山茶花の映画のごとく美しき

11/29  #226 冬の朝ホップステップ鶺鴒や

11/30  #227 黄葉や病院からの帰り道


12/01  #228 十二月ただ一筋の光かな

12/02  #229 一点の真我に出会う十二月

12/03  #230 坐るだけただ坐るだけ十二月

12/04  #231 冬紅葉みどりを少し残しつつ

12/05  #232 桜枯るここから描く未来なり

12/06  #233 十二月過酷な旅も終わりかな

12/07  #234 神様もラストスパート師走かな

12/08  #235 冬の雨幸せだけが降り注ぐ

12/09  #236 冬晴の労力一つなかりけり

12/10  #237 悟りから追いかけらるる師走かな

12/11  #238 神様と呼吸の同じ十二月

12/12  #239 冬日和ひたすら歩き旅始動

12/13  #240 冬うらら留まるところ知らぬ君

12/14  #241 あと何度うちの定番常夜鍋

12/15  #242 あと何度母の愚痴聞く師走かな

12/16  #243 人生を終わらせようとする師走

12/17  #244 冬の月今か今かと待機せり

12/18  #245 短歌にも俳句にも似る冬の月

12/19  #246 底冷えの尋常でなき朝支度

12/20  #247 年末の怒涛のミスに溺れたり

12/21  #248 年の暮片付けだけが生くる道

12/22  #249 冬至から始まる本当の時間

12/23  #250 運命も小走りしたる師走かな

12/24  #251 クリスマスイヴは静かに眠りたし

12/25  #252 クリスマス只ここにある仕事かな

12/26  #253 年深し昔の友とソサイチす

12/27  #254 神様もウキウキわくわく年の暮

12/28  #255 年の瀬や全てのことに感謝せり

12/29  #256 幸せもこの一年も極まれり

12/30  #257 小晦日やること集め滅多斬り

12/31  #258 年の晩いつも通りのルーティーン


〈2022〉

01/01  #259 元日に正解出たるスキンケア

01/02  #260 二日からひたすら歩き旅したる

01/03  #261 三が日遊びが仕事仕事が遊び

01/04  #262 松の内今年の目標降りて来し

01/05  #263 初富士や仕事始に現れし

01/06  #264 年新たシンプルだけを愛したし

01/07  #265 シンプルと充実測る年始め

01/08  #266 松過ぎて自ずとルール定まりぬ

01/09  #267 松過ぎてプチ断食とデトックス

01/10  #268 新成人写真チェックの抜かりなし

01/11  #269 もしかして初めて開く鏡餅

01/12  #270 これ以上なき習慣の今年かな

01/13  #271 一日も一秒も無駄なき今年

01/14  #272 寒茜今日も地球で暮らしけり

01/15  #273 冬の川同じ速度で歩きけり

01/16  #274 寒落暉地球の未来見据えたる

01/17  #275 一生のやること決まる今年かな

01/18  #276 一月の満月そこに光りけり

01/19  #277 寒の月愛の深さと同じなり

01/20  #278 大寒や自分の時間温めたし

01/21  #279 母親のピアノ流るる寒の内

01/22  #280 一つ一つ一歩一歩と春を待つ

01/23  #281 今年から伏線回収始まりぬ

01/24  #282 一月の体調変わる昨日今日

01/25  #283 美味しいね寄鍋前に意気投合

01/26  #284 2022到達したるゼロベース

01/27  #285 寒の内不幸因子を燃やしたし

01/28  #286 春近し仲間の為にただ進まん

01/29  #287 和菓子屋に引き寄せらるる冬の暮

01/30  #288 裸木やまさに私もそんな感じだ

01/31  #289 冬萌やいつもの道にこんなにも


02/01  #290 旧正月南野伊東長友や

02/02  #291 冬の朝俳句と地球共に在り

02/03  #292 両親の豆撒きしたる自室なり

02/04  #293 立春や不幸因子を引き受けん

02/05  #294 母の言う今日は最強石狩鍋

02/06  #295 早春や羽村狭山の歩き旅

02/07  #296 人生の簡素化進む二月かな

02/08  #297 ワセリンと二月八日に出会いたり

02/09  #298 やまざきの草もちレジに並びけり

02/10  #299 由来知り食ぶる初午いなりかな

02/11  #300 早春や俳句に生くる使命なり

02/12  #301 下萌や確かにこころここに在り

02/13  #302 春の雨呼ばるるままに歩きけり

02/14  #303 腸活に辿り着きたる今年かな

02/15  #304 なんだこの感じは春の初めかな

02/16  #305 朧月内に秘めたる炎かな

02/17  #306 足元の伏線気付く春初め

02/18  #307 春の朝感謝はしてもしきれない

02/19  #308 春の雨散歩コースの定まりぬ

02/20  #309 春はじめ夜ヨーグルト始めけり

02/21  #310 腸活が最後のピース春兆す

02/22  #311 前髪に春めくひかり触りけり

02/23  #312 春よ来い色んな意味で春よ来い

02/24  #313 春光よどう考えても春光よ

02/25  #314 冥想が振り出し戻る二月なり

02/26  #315 春の夕自分ひとりで急ぎけり

02/27  #316 春めきぬヴェルディサポを再開す

02/28  #317 春の風坂道ダッシュの高校生


03/01  #318 三月やただ坐る道開き居り

03/02  #319 梅林の車の中に香りけり

03/03  #320 新月の三月三日目覚めけり

03/04  #321 春の夜に昨日の新聞読んで居り

03/05  #322 誕生日何はなくとも春一番

03/06  #323 神様が三月六日を創りたり

03/07  #324 やさしさに包まれたなら春の宵

03/08  #325 つじあやのテレビの中に春の風

03/09  #326 ルーティンと非ルーティンと杉花粉

03/10  #327 三月に一つ一つ卒業す

03/11  #328 春の風こころの狭き私かな

03/12  #329 春本番ハッピーホルモン検索中

03/13  #330 白木蓮の一周終えてまた咲けり

03/14  #331 ホワイトデーたまには返してみるものね

03/15  #332 春の暮さんぽと台詞と買い物と

03/16  #333 春の昼小沢健二の流れたり

03/17  #334 夜半の春化身と言葉と仕事かな

03/18  #335 大雨の中をひっそり彼岸入り

03/19  #336 春の雨防水シューズ手に入れん

03/20  #337 やることの断捨離進む彼岸なり

03/21  #338 木蓮と白木蓮と春分の日

03/22  #339 うつくしき辛夷並木と春の雪

03/23  #340 三度目のワクチン終える木の芽時

03/24  #341 彼岸明け三苫カタール決めにけり

03/25  #342 夜半の春モリラボ香る自室なり

03/26  #343 春嵐時同じくしブレークスルー

03/27  #344 花時の俳句大会初参加

03/28  #345 不動心桜は咲いているけれど

03/29  #346 花冷のドローに終わるベトナム戦

03/30  #347 さくら色世界も心も繰り返し

03/31  #348 三月尽生き方変える好機なり


04/01  #349 四月馬鹿いつもの道の映画かな

04/02  #350 修行終え芝居の踊る四月かな

04/03  #351 桜餅桜蒲鉾桜漬

04/04  #352 春雨や続けていれば身固まる

04/05  #353 石垣に張り付く桜吹雪かな

04/06  #354 春の夕車の中で豆大福

04/07  #355 菫ほど少なき中で暮らしたし

04/08  #356 風光る僕らの朝は新しい

04/09  #357 春の夜の悟りの様な成果の様な

04/10  #358 八重桜時間をかけし成果なり

04/11  #359 たんぽぽの黄色で全て揃いけり

04/12  #360 アパートを取り囲みたる諸葛菜

04/13  #361 鶯の今も昔も新しき

04/14  #362 春雨や加湿器からの除湿器へ

04/15  #363 晩春に人生ゲームあがりけり

04/16  #364 春の月照らされながらオールアップ

04/17  #365 才能の集積したる暮春かな



written by 作捨不名


~To be continued.~

○句集「季語日誌 Vol.4」

〈2022/4/18~2023/4/17〉

 2023年5月公開.


▼Translate