句集「季語日誌 Vol.2」365句

 【2020/4/18~2021/4/17】
…季語を一日一つ(原則)ピックアップ。



〈2020〉
04/18  #001 春雨や流るるものはみな流せ
04/19  #002 囀や今日も朝から自粛なし
04/20  #003 チャリ飛ばす躑躅見守る通勤路
04/21  #004 朝寝して何を学ぶか夢の中
04/22  #005 行く春や大切なる人守りたし
04/23  #006 終息し晩春をまた迎えたし
04/24  #007 春闌くる予想を超えし世界かな
04/25  #008 鳥の声隣人の声暮の春
04/26  #009 さえずりの目覚まし時計スヌーズし
04/27  #010 花水木二色の音色漂わせ
04/28  #011 自粛して自分を掴む春の果
04/29  #012 朝つつじ綺麗に咲いてこちら見て
04/30  #013 咲き揃い満願成就の四月かな

05/01  #014 春惜しむ皆惜しみなく咲き誇り
05/02  #015 春尽きて空気の入れ換え怖くなし
05/03  #016 晩春の母の誕生祝いけり
05/04  #017 囀に囲まれ歩く近所かな
05/05  #018 ふと見ればとかげが遊ぶうちの庭
05/06  #019 どこにでも長実雛芥子顔を出す
05/07  #020 風薫る青空のもと木々揺れし
05/08  #021 新緑の世界にこころ奪われし
05/09  #022 初夏の朝しずけさに観る希望なり
05/10  #023 新緑の遊歩道ほど憩いなし
05/11  #024 葉桜やこの道つづく永遠に
05/12  #025 部屋抜くる五月の風と鳥の声
05/13  #026 暑しとは使いたくなし五月かな
05/14  #027 日射し受け若葉のように光りたし
05/15  #028 自分と言うどうぶつ包む緑なり
05/16  #029 若葉雨喜ぶこえの響きかな
05/17  #030 初夏らんまん母笑い声へや届き
05/18  #031 松葉菊上手に閉じて明日を待つ
05/19  #032 ミニ薔薇を窓から目視三回目
05/20  #033 朝の時間新樹イメージ土の中
05/21  #034 若葉冷今日は歩かずブラタモリ
05/22  #035 毎年の五月にひらく新境地
05/23  #036 新じゃがのポテトサラダがふわっふわ
05/24  #037 初夏の風「俳句の誕生」再度読み
05/25  #038 夏めいて散歩の老婆タオル手に
05/26  #039 極小の蜘蛛との出会い日誌つけ
05/27  #040 夏の蝶浮遊する我がこころ似て
05/28  #041 毎日の防災無線と四十雀
05/29  #042 夏草や朝のひかりに起こされし
05/30  #043 麦茶手に自室へ戻る昼下がり
05/31  #044 姫女苑筋通りたる姿勢なり

06/01  #045 迎え梅雨ラジオと車この身体
06/02  #046 夏草や既存の枠に収まらず
06/03  #047 立葵己が頂もう少し
06/04  #048 緑蔭の遊歩道から出たくなし
06/05  #049 金糸梅反対車線に咲き乱る
06/06  #050 冷素麺個々に取り分け新様式
06/07  #051 旧かなを捨つる作業の芒種なり
06/08  #052 茂から本当の自分悟りたし
06/09  #053 鳥の声星々の声六月や
06/10  #054 紫陽花や元気の素を開示せり
06/11  #055 夏のそら風のつぶやき受容せん
06/12  #056 入梅し変わらなき道続きたる
06/13  #057 瓜漬けや家族団欒見守れり
06/14  #058 安定の時鳥から声かかる
06/15  #059 五月晴れこの星の旅おもしろき
06/16  #060 風薫るざっとおさらいYUIのうた
06/17  #061 あちこちに夏草茂る幸せよ
06/18  #062 青芒結束にみる未来かな
06/19  #063 五月雨や浄化すべしと天の声
06/20  #064 梅雨晴の朝に必ず気も晴れん
06/21  #065 昼顔に小さい希望見つけたり
06/22  #066 五月雨や自然の智恵が降りしきる
06/23  #067 向日葵のように悟りを開きたし
06/24  #068 額の花食卓に咲く我が家なり
06/25  #069 五月闇いまのうちにと勉強す
06/26  #070 運命の流れのように夏の川
06/27  #071 扇風機ただそこに居て流れ生む
06/28  #072 五月雨に私の成長まかせたし
06/29  #073 紫陽花のごとき健康目指したし
06/30  #074 黒南風や産まれし訳を匂わせて

07/01  #075 ラジオからグリーンアップル梅雨さなか
07/02  #076 梅雨晴の空に合わせて旅を課す
07/03  #077 百日紅いつもの道も特別に
07/04  #078 五月雨のめぐみを受くる我が地球
07/05  #079 おやつには蒟蒻ゼリーのレモン味
07/06  #080 梅雨深し多くの慈悲と神の聲
07/07  #081 梅雨の果て「真夏の果実」流れ来し
07/08  #082 歩き旅黒南風の吹く実世界
07/09  #083 五月雨にあなたを想うこころ知る
07/10  #084 雨のなか百日紅咲く幸福よ
07/11  #085 道端の夏草ともに生きて死に
07/12  #086 蟻たちのように歩いてみつけたし
07/13  #087 凌霄やいつもの世界も改変す
07/14  #088 鬼百合の静かな準備あと少し
07/15  #089 五月闇今日も明日もただ進む
07/16  #090 昼顔の幸せほどの生活を
07/17  #091 「夏の日の1993」雨の日に
07/18  #092 梅雨長し帳尻合わする地球なり
07/19  #093 図書館でしみじみ浸る梅雨の晴
07/20  #094 久々の夏日を浴びる旅ぎょうじゃ
07/21  #095 一本の向日葵出会う裏の路
07/22  #096 降らるる日降り尽くしてや送り梅雨
07/23  #097 五月雨の激しき音の自室なり
07/24  #098 梅雨空に秦基博の響きかな
07/25  #099 雨上がり梅雨空のもと歩き出す
07/26  #100 長梅雨や生涯のゆめ相得たり
07/27  #101 ひぐらしや心の帰路へ続く道
07/28  #102 梅雨の果クリス智子と昼下がり
07/29  #103 愚かなり焦って生きても梅雨長し
07/30  #104 青柿をついつい何度も仰ぎ見つ
07/31  #105 七月や夢へと繋ぐ道となる

08/01  #106 夏燕改札に舞う最寄り駅
08/02  #107 単純に梅雨明のあさ気も明けぬ
08/03  #108 みそ萩の毎年の場所覚えけり
08/04  #109 蝉たちの時間をともに過ごしけり
08/05  #110 夏のごと生くる地球に戻りけり
08/06  #111 瓜の花しずかなる朝そっと見ゆ
08/07  #112 炎ゆる中こころは冷えしままでいる
08/08  #113 八月の八日に起こる仏心よ
08/09  #114 蝉たちと朝の時間を共にして
08/10  #115 蜩の響きのような人生を
08/11  #116 炎天よ何をそこまで知らしめん
08/12  #117 あなたとの出会いはやはりお盆かな
08/13  #118 八月は僕らの希望見えぬべし
08/14  #119 八月のように心を遊ばしむ
08/15  #120 蜩や近くて遠きあなたかな
08/16  #121 五回目の冷し中華を食べにけり
08/17  #122 残暑から始まる酷暑あるらしく
08/18  #123 もういくつ寝ると抜けるの熱帯夜
08/19  #124 木槿にも芙蓉にも会い出勤す
08/20  #125 分離帯ふわりと浮かぶ猫じゃらし
08/21  #126 先駆けて小さい秋になりつべし
08/22  #127 朝蝉や声高らかにうた唄い
08/23  #128 秋の声全身に受け生まれ変わる
08/24  #129 新涼やちからをぬいてどこまでも
08/25  #130 七夕や忘れていても繋がれり
08/26  #131 残暑とはあの世とこの世結ぶ期間
08/27  #132 雲の峰その頂へ向かいたり
08/28  #133 葛の滝こちらへ向かい落ちにけり
08/29  #134 虫の声この吹く風に教えらる
08/30  #135 爽やかやここに来るまで長き日々
08/31  #136 右耳につくつく法師聞こえたり

09/01  #137 満を持し九月一日始動なり
09/02  #138 デザートにマスカットor巨峰かな
09/03  #139 見守れる狗尾草や帰り道
09/04  #140 残暑たる残暑の中の仕事なり
09/05  #141 秋の朝決意新たにあきらめん
09/06  #142 過去最強台風よこす何かかな
09/07  #143 色々のメッセージなる台風ぞ
09/08  #144 俳句とは詠まされること秋の蝉
09/09  #145 夕飯の準備を急かす青松虫
09/10  #146 露草の心のように歩きたし
09/11  #147 コンビニに栗のロールケーキかな
09/12  #148 幸せの種無し巨峰ピオーネや
09/13  #149 青蜜柑ひっそり庭に待機せる
09/14  #150 鶺鴒や後ろ姿に一目惚れ
09/15  #151 虫たちの声も一つの芝居かな
09/16  #152 帰り道BGMの虫の秋
09/17  #153 はじまりのうたが聞こゆる秋の夜
09/18  #154 あなたこそ私の女神秋の暮
09/19  #155 荻のごと何にも寄らず凛とせん
09/20  #156 秋彼岸この場所で咲く夢を得る
09/21  #157 三日月やこの道の果て暗示せり
09/22  #158 回り道寄り道の末彼岸花
09/23  #159 神の雨台風迫る日本なり
09/24  #160 iPhoneのカメラロールに荻の声
09/25  #161 安心の秋雨受くる我が旅路
09/26  #162 秋の暮宇宙に暮らす地球人
09/27  #163 長き夜や一生の今日楽しめり
09/28  #164 秋晴や何もしなくてよくなりぬ
09/29  #165 どんぐりや無数の記憶内包し
09/30  #166 秋簾まど打つ音の乾きかな

10/01  #167 名月ややっとのことでここに来し
10/02  #168 十六夜を背中に受けて帰り道
10/03  #169 「この道」やピタリとはまる秋の暮
10/04  #170 鵯のやかましく鳴く愛らしさ
10/05  #171 金木犀二十九歳お初なり
10/06  #172 秋風の部屋の中へと入り込む
10/07  #173 秋の雨強く叩きて我磨く
10/08  #174 いつの間に機は熟したる寒露なり
10/09  #175 Zoomにて秋の灯遊ぶ僕らかな
10/10  #176 天才の十月十日無限かな
10/11  #177 父親の林檎剝きたる我が家なり
10/12  #178 反省の色など出ざる秋の夜
10/13  #179 鶺鴒やアンテナの先何を鳴く
10/14  #180 草の穂の豊かな実り道路脇
10/15  #181 落ち着きて灯火親しみアーカイブ
10/16  #182 やや寒しいつかの日々と今のリアル
10/17  #183 秋雨や地球まるごと愛の聲
10/18  #184 秋晴の朝には晴るる視界かな
10/19  #185 朝寒の中を分け入る自転車と
10/20  #186 月を見て僕らは誰かと会話せん
10/21  #187 それぞれに道行く人や秋の暮
10/22  #188 枝豆の食べ殻積みて山となり
10/23  #189 新たなる意識の芽生え秋深し
10/24  #190 人生の船出となりし秋の朝
10/25  #191 秋澄みて鳥の自由と人の宇宙
10/26  #192 秋空にあなたの歌があればいい
10/27  #193 薄紅葉こころの中に淡き炎
10/28  #194 十月や神の最後のお告げなり
10/29  #195 後の月運の良し悪し凌駕せり
10/30  #196 秋うららカーラジオからchay流る
10/31  #197 満月の夜に重なるハロウィーン

11/01  #198 何もせず地球は回る秋の川
11/02  #199 暮の秋人生終えて流れ出す
11/03  #200 何度目の地球の秋を惜しみける
11/04  #201 紅葉や世界はやらせで出来ている
11/05  #202 天高し期待は昇り消えてゆく
11/06  #203 鱗雲広がりながら前進し
11/07  #204 立冬や終わりの始まり到達す
11/08  #205 強さとは紅葉且つ散る潔さ
11/09  #206 冬の空必要なるもの揃いたり
11/10  #207 さんぽ道ジュエルミネーション眺めけり
11/11  #208 冬晴や雲を探している自分
11/12  #209 もたもたし冷たき風の十六時
11/13  #210 街路樹の色とりどりや冬浅し
11/14  #211 冬の暮無音の中に一人かな
11/15  #212 紅葉散る神の呼吸の一つなり
11/16  #213 散紅葉道路の脇に積もりけり
11/17  #214 冬の暮あなたを想う不思議かな
11/18  #215 撮影の中止になりて紅葉狩
11/19  #216 草紅葉時代流るる一つ円
11/20  #217 はからずも小春の風に同化せり
11/21  #218 神無月世界は常に廻りけり
11/22  #219 葉を落とし背筋を伸ばす冬木立
11/23  #220 冬の暮ポールの声に浸りけり
11/24  #221 運命よ残る紅葉に我を知る
11/25  #222 神の旅僕らの旅も交われり
11/26  #223 神の留守いつもと違う俳句かな
11/27  #224 優しさの染み入るうちのおでんなり
11/28  #225 いろいろと電気を使う冬の夜
11/29  #226 山茶花の至るところに咲きにける
11/30  #227 桜枯る準備を終えて胸軽し

12/01  #228 新宿でマスクの比率知り得たり
12/02  #229 ラジオから「冬の口笛」聞こえけり
12/03  #230 家々にそれぞれ実り蜜柑の木
12/04  #231 冬の暮信号一つ輝けり
12/05  #232 寄鍋の家族の会話引き立てし
12/06  #233 冬の夜電球色の世界かな
12/07  #234 冬茜富士の頭を覆いけり
12/08  #235 十二月八日に開く扉かな
12/09  #236 ぶり大根合わせし人のセンスかな
12/10  #237 一歩ずつ真我へ向かう十二月
12/11  #238 冬紅葉今年も希望集めけり
12/12  #239 十二月十二日には女神来る
12/13  #240 極月に一つになりし君と僕
12/14  #241 黄落の一つの終わり祝いけり
12/15  #242 毎年の師走流るる時間かな
12/16  #243 欅枯る削ぎ落しゆく世界なり
12/17  #244 一瞬の冬三日月や画に残り
12/18  #245 冬の月二夜連続の主題かな
12/19  #246 冬の月横に飛行機映り込む
12/20  #247 年の瀬に谷保天神を詣りけり
12/21  #248 神になる準備を終えし冬至かな
12/22  #249 ユニクロのセーター二つ補充せし
12/23  #250 行く年の肚に伝わる充実感
12/24  #251 三人でチーズフォンデュを囲みけり
12/25  #252 クリスマス地球の心一つなり
12/26  #253 君の聲僕らは一つ冬の空
12/27  #254 年の暮昔の友とサッカーす
12/28  #255 心から居場所を悟る年の暮
12/29  #256 冬の月歳暮の空に輝けり
12/30  #257 小晦日等々力不動を詣りけり
12/31  #258 ツイートで感謝伝うる大晦日

〈2021〉
01/01  #259 元日の決勝見終え初散歩
01/02  #260 ガキ使の録画で笑う二日かな
01/03  #261 散歩するように三日も暮らしけり
01/04  #262 亀戸と湯島を詣る四日なり
01/05  #263 寒の入り緊急事態へ向かいたり
01/06  #264 松の内こころの神に出会いけり
01/07  #265 今のうち根を深く張る冬木立
01/08  #266 冬の声過去最多なる感染者
01/09  #267 寒茜見上げてばかりの散歩かな
01/10  #268 寒晴の世界を歩くこの身体
01/11  #269 ゼロになる成人の日から十年目
01/12  #270 焼芋の全身襲う旨味かな
01/13  #271 枯桜希望の匂う並木道
01/14  #272 宣言下冬空の下寒川へ
01/15  #273 小豆粥いつもと違う真剣さ
01/16  #274 松過に神残りたる己が内
01/17  #275 冬の梅一つ二つと咲きにけり
01/18  #276 一月の仏と神の鉢合わせ
01/19  #277 一月の散歩は神社へ向かいける
01/20  #278 大寒や心の肚の極まりぬ
01/21  #279 寒茜富士の頭を照らしたり
01/22  #280 冬の夜にあの人からのライン来し
01/23  #281 冬深し寝ても覚めても神の道
01/24  #282 五時の鐘日脚の伸びし気配かな
01/25  #283 原宿のマスクの数と人の数
01/26  #284 行き着いてもう何もせず春を待つ
01/27  #285 春近し押し寄する波逆らわず
01/28  #286 母誘い葛湯で満たす小腹なり
01/29  #287 一月の最後のバイトこなしけり
01/30  #288 枯芒またいずれ会うその日まで
01/31  #289 冬の山冬の川にて冬の星

02/01  #290 冬尽きてアフターコロナに呼ばれたり
02/02  #291 節分に緊急事態の延長す
02/03  #292 立春や息するように公言す
02/04  #293 怒りから始まる春の一歩なり
02/05  #294 気の早し家に帰れば桜餅
02/06  #295 伊予柑の籠一杯に待機せり
02/07  #296 早桜開花の仕方伝えたり
02/08  #297 ぽつぽつぽつ梅見かけつつ過ごしたる
02/09  #298 朝食にうぐいす餅を食べにけり
02/10  #299 春光を世界ともども享受せり
02/11  #300 草萌やマンホールにも顔を出し
02/12  #301 杉花粉見えぬ闘い一つ増え
02/13  #302 神様と繋がりやすき春の朝
02/14  #303 春の雲僕らの夢を包みけり
02/15  #304 春の虹都心の空に広がりし
02/16  #305 早春に鑑賞すべき「めがね」かな
02/17  #306 コンビニでいつもの草餅選びける
02/18  #307 春浅し長き旅路も終いけり
02/19  #308 春の川地球に深く流れけり
02/20  #309 一生を一つに括る二月かな
02/21  #310 コロナ避け花粉も避くる春ごもり
02/22  #311 春霞くもひとつなき空仰ぐ
02/23  #312 春めける世界にうずく我が主
02/24  #313 地球にも地球の事情寒戻り
02/25  #314 あなたがいるその歌声が僕の春
02/26  #315 朧月仏性開眼志し
02/27  #316 暖房の故障疑う寒戻り
02/28  #317 桃の花セットの咲きし我が家かな

03/01  #318 どこにでも椿が咲きし実世界
03/02  #319 春疾風やるべきことの少なさよ
03/03  #320 風光る僕らの旅は美しい
03/04  #321 ひこばえのようにアイデア湧き起こり
03/05  #322 白木蓮の淡き炎を灯しけり
03/06  #323 どの日より三月六日おめでたし
03/07  #324 三月や生き方超えて死に方へ
03/08  #325 夜椿あなたの歌聴く帰り道
03/09  #326 白木蓮単純だけが真実と
03/10  #327 幸せの春の朝日のひかりかな
03/11  #328 麗かなる地球の上を我歩く
03/12  #329 壮大に辛夷の世界出来上がり
03/13  #330 三月にシンエヴァからも卒業す
03/14  #331 我が家ではホワイトデーに桜餅
03/15  #332 春の夜や希望で満ちし帰りみち
03/16  #333 アスパラが家族全員好きらしく
03/17  #334 彼岸入り心の修行終いけり
03/18  #335 三月の十八日に始まりし
03/19  #336 お彼岸に真理の扉開きたり
03/20  #337 様々のさくらを愛づる日本かな
03/21  #338 やることは春分越えて続きたり
03/22  #339 雪柳新たなる道祝いけり
03/23  #340 彼岸明け残りしものが私かな
03/24  #341 菜の花や風になびかれ脱力し
03/25  #342 春の夜に3-0の日韓戦
03/26  #343 満開の桜のごとき余裕かな
03/27  #344 花時や人生懸くる夢きざむ
03/28  #345 音立てぬ喇叭水仙五六本
03/29  #346 桜との共演果たす僕らかな
03/30  #347 木の芽時呼び覚ましたる記憶かな
03/31  #348 花屑の押し寄する智慧無限なり

04/01  #349 四月馬鹿あなたの嘘は回収す
04/02  #350 梨の花一面しろく浮かびけり
04/03  #351 全世界春の朝には同期せり
04/04  #352 箒桃上昇気流示しけり
04/05  #353 清明にただただ続く呼吸なり
04/06  #354 花冷えや日本とコロナ向かう道
04/07  #355 遅桜そのスピードは計れなし
04/08  #356 仏生会つねにゼロから始めたし
04/09  #357 春しぐれ合図のように事件起く
04/10  #358 福田屋のさくらまんじゅう食べにけり
04/11  #359 百千鳥もうすぐ我も声届けん
04/12  #360 春の風あっという間の一日よ
04/13  #361 春雨の度に記憶を捨てにけり
04/14  #362 春雨や嘘も誠に聞こえたり
04/15  #363 風光る歩いて向かう未来かな
04/16  #364 竹の秋一足先に未来知り
04/17  #365 万感の晩春生くるわたしたち


written by 作捨不名


~To be continued.~

○句集「季語日誌 Vol.3」
〈2021/4/18~2022/4/17〉
 2022年5月公開.

▼Translate